悟りへの階段🌿

苦しくてたまらず、もうあとがない時、悟りへの階段を登り始める人が稀に現れます。

これは、意識(真我)の導きによるもので、自我によるものではありません。

それはまず、真我探求から始まります。自分の中に永遠不滅の意識(真我)があることを探求するのです。

ところが、真我はここにあるのに、それを見つけるのが非常に困難です。この困難も、真我の導きによるものです。

そして、困難を乗り越えて真我を一瞥しても、それは一瞥に終わり定着しません。

そして、そこからまた苦悩が始まります。しかし、これも真我による導きです。

探求し探求し、もう自分に悟りは無理なのだと絶望し諦めた時、明け渡しが始まります。

明け渡しとは、個人的な自分を捨てることです。少しずつ少しずつ、一進一退しながら明け渡し、完全に明け渡しきったら、真我だけが残り、それ以外はすべて幻想に変わります。

そして、悟りという言葉も幻想になります。

🐚波は海に帰った

 

投稿者: みほヒール

口腔外科医です。

ディスカッションに参加

3件のコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  1. 知恵袋から来て、口内炎のところを拝読したあとにこちらに気付きました。お医者に恵まれず、やさぐれていましたが、心が少し落ち着きました。また読ませて頂きます。ありがとうございました。

      1. みほヒール様、ありがとうございます。本日再度受診して来ましたが、やはり口内炎との診断で、トラネキサム酸を処方されました。もともと極度の心配性なので。。ご返信頂きありがとうございます。