なぜうつ病や不安障害は治りにくいの?😥2(ちょいと小話🍵)

こんにちは😊

口腔外科医、みほヒールです🙆

前回に引き続き、小話🍵を続けます😁

うつ病などの気分障害は治りにくい疾患です。ある意味、癌や脈管系疾患よりも難しいでしょう😓

たから、治癒へのアプローチの仕方が大切です🍀

ここで、自我☪️と真我✡️についてお話します😊☕

人間は宇宙の一部です。宇宙にある生命です。だから、宇宙のものであると同時に宇宙です🌃

人は社会を作り、人間ごっこをするうちに、宇宙の自然な形から逸れ始め、苦悩を感じるようになってきました😥宇宙は完璧なのに、そこから離れていったのです。

人は生まれたとき、宇宙のシステムで自然と生まれました👶その時、自我はありません。自我とは、私は私だと分かることです。新生児が、私は〇〇ちゃんです🙋と分かりますか?分かりませんよね😊ただ、感じるだけの人間の形の生命体です。ただ感じる(意識する)これが、真我です🌿

真我は完璧な宇宙から作られた完璧なものです。そして、真我自体が宇宙と言えます🪐

真我とは、ただ感じるもの(あるいは意識するもの)です🏞

・あ、星が見える!

・あ、風が吹く!

・ママの笑い声が聞こえて嬉しい!

・青空が清々しい!

・この音楽は心地良いな!

・この色はなんだか気持ち悪いな。。

☝これが真我です☘️実際は感じたり意識するだけで、言葉もありません✋

 

では、自我とは何でしょうか?

・今日、先生に怒られて怖かった。先生は自分を嫌いかもしれない。明日また怒られたらどうしよう。不安だ😥

・ママ友からメールの返信が来ない。何か気分を害することしただろうか。不安だ😥。仲間外れに合うかもしれない😢

・友達が賞を取った。自分だって頑張ったのに。もしかしたら友達より能力が低いのかもしれない。そうだったらどうしよう😥悲しい😢

・子どもの頃、親に怒鳴られたり叩かれたりばかりだった😢惨めな子供時代だった。思い出すと辛い😖

・夫が不機嫌だ。私が何か失敗したからだろうか😞夫に怒られるかもしれない😥

☝これが自我です。自我が重なり重なり、そしてそれが「偽りの私」を形成していきます。

つまり、真我✡️は意識と快不快のみの感情、自我☪️は思考あるいは思考した結果現れた感情(私)です。

この自我は良く見てみると、幻想であることが分かります✋なぜなら今ここの事実ではないからです。自我は自分が頭の中で作ったストーリーを元に感情が揺れ動くものなのです。そしてそれが「偽りの私」を作ります。

うつ病などの気分障害を患っている人は、自我にがんじがらめにされており、抜け出せないのです✋

次回は、幻想から抜け出すためにはどうしたら良いのか書いていきます🍀

📖デビッド・バーンズの「嫌な気分よさようなら」をおすすめします😊

 

👉🌱目次🌱

投稿者: みほヒール

口腔外科専門医で歯学博士です。国立大学歯学部を卒業し、大学院に進学しました。大学病院で約15年診療に携わり、現在開業しています。専門は口腔癌、口腔心身症です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です