歯根嚢胞って何のこと?😲🍀

はい、こんばんは🌃。みほヒールです😊

さて、歯の神経を抜いてるのに、歯がめちゃめちゃ痛いということがあります😥

まあ、夜になるとズキズキズキズキ😫

この病気を根尖性歯周炎と言います😲。これは、神経を抜く前に虫歯菌が根に潜り込み、密かに生きていて、体力が落ちた時に暴れまくる😱という病気です✋

この場合、抗菌薬の内服か再度根の治療にとりかかるかの二択です✌️

いずれにしても、完全なる完治が望めないことが多く、この炎症を繰り返していると、根の先に膿が溜まった袋が出来ていきます。。

これが歯根嚢胞というものです。根の先の袋は、顎の骨を溶かしながらゆっくりゆっくり大きくなります😓

しかも、疲れたりストレスフルだったりすると、たびたび痛くなるのです😫

さて、ここで口腔外科医の出番です🙋

手術します💪どのような方法でかと言うと、歯茎を開いて、顎の骨の中から膿の袋を取り除き、さらに根の先をちょん切ります✄

つまり、暴れる虫歯菌が付着してる部分を顎の骨の中から取り除いてくるのです👍

患者さんにそう説明すると結構怖がります😅が、口腔外科医にとっては、メジャーな手術です😊

これによって、根が悪くなった歯を一本でも残せるなら、大変有意義な手術ではないでしょうか?😄

さて、皆さまはどう思いますか?

楽天スーパーセール 全品10倍~20:00~【一部ポイント除外商品あり】★セルフメディケーション税制対象【第1類医薬品】ロキソニンS 12錠

価格:498円
(2021/3/8 22:48時点)
感想(0件)

👉🌱目次🌱

投稿者: みほヒール

口腔外科専門医で歯学博士です。国立大学歯学部を卒業し、大学院に進学しました。大学病院で約15年診療に携わり、現在開業しています。専門は口腔癌、口腔心身症です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です